1. ホーム
  2. DIY、工具
  3. 材料、部品
  4. 梱包、テープ
  5. 古藤工業 Monf No.890 カラー布粘着テープ オレンジ 厚0.22mm×幅50mm×長さ25m 30巻入り
日本未入荷 初売り 古藤工業 Monf No.890 カラー布粘着テープ オレンジ 厚0.22mm×幅50mm×長さ25m 30巻入り toilettemieten.de toilettemieten.de

古藤工業 Monf No.890 カラー布粘着テープ オレンジ 厚0.22mm×幅50mm×長さ25m 30巻入り

3467円

古藤工業 Monf No.890 カラー布粘着テープ オレンジ 厚0.22mm×幅50mm×長さ25m 30巻入り

【商品名】
 古藤工業 Monf No.890 カラー布粘着テープ オレンジ 厚0.22mm×幅50mm×長さ25m 30巻入り

【商品説明】
 ・粘着剤:天然ゴム系
・基材:布+ポリエチレンラミネート

【サイズ】
 高さ : 26.00 cm
 横幅 : 28.00 cm
 奥行 : 38.20 cm
 重量 : 11.48 kg
 ※梱包時のサイズとなります。商品自体のサイズではございませんのでご注意ください。


古藤工業 Monf No.890 カラー布粘着テープ オレンジ 厚0.22mm×幅50mm×長さ25m 30巻入り

(ソケットドライバー)KLEIN ナットドライバー 5.0X75 630-5MMコミネ(KOMINE) バイク用 交換用内装 ダークブルー XL HK-165 1326ヴィダル サスーン ヘアアイロン ピンクシリーズ カール 25mm VSI-2512/PJPMC:ピーエムシー PMC ステムエンブレムマウントステー Z900RS KAWASAKI カワサキ【OTAFUKU おたふく手袋】 冷感 パワーストレッチ アームカバーメッシュ 黒×灰 JW-619-BKXGYベッセル 電動ドライバー No.VE-5000-DL5 VE-5000-DL5 ▼148-7306 (株)ベッセル椿モデル ハーネス用胴ベルトホルダー 2個入ELECOM USBハブ USB2.0対応 ACアダプタ付 セルフ・バスパワー両対応 4ポート ブラック U2H-EG4SBK ケーブル 電子機器LIQUIMOLY(リキモリ) Motorbike Oil Additive MOS2 SHOOTER [3444]GERRY ジェリー マウンテンパーカー メンズ アウター 3WAY ライナー付き ジャケット マンパ マウンパ アウトドア 冬 冬服 送料無料2本セット パナレーサー パセラ LX 700×32C 8W732-LX-18 自転車用 送料無料 一部地域は除くナイロンナット 7/16−14 クロームDD Frontline Hammock フロントラインハンモック 3点セット DD Frontline Hammock amp; Hammockニコベルト EMS VONMIE ボミー NICOBELT フェイスライン リフトアップ 口角 エステ級 自宅エステ 左右対称LANケーブル ランケーブル 1M CAT5E ストレート ライトブルー CAT5E RJ45プラグ つめ折れ防止 スリムコネクタ 1年保証 CBC5E-010-BL 送料無料 TARO#039;S東レシルック 反物 (夏物) a-343 ヒョウタン柄・ピンク地オートゲージ 日本製モーター 52mm 油圧計 2色バックライト エンジェルリング 458シリーズデイトナ DAYTONA ブラストバリアー ステー W650 62485 バイクパーツ 外装品 スクリーン 風防 バイク用エアーダブルアクションサンダー ミニタイプ STRAIGHT/15-182 (STRAIGHT/ストレート)

Research Institute for Sustainable Humanosphere

循環材料創成分野
梅村 研二教授

 

宇宙圏電磁環境探査分野
栗田 怜准教授

森林圏遺伝子統御分野
棟方 涼介助教

生物機能材料分野
田中 聡一助教

2020年 着任教員紹介

京大の発明

京大先生シアター

ザッツ京大、など

京都大学ウェブサイトに生存圏研究所の教員・施設・研究が紹介されています

生存圏アジアリサーチノード(ARN)

生存圏研究所は、「生存圏アジアリサーチノード (ARN)」を整備し、国際共同研究のハブ機能を強化するとともに、生存圏科学を支え発展させる国際的な人材育成を進めています。

参加学生による活動レポートはこちら

広報活動・社会連携

刊行物やビデオで研究内容をわかりやすく発信する広報活動を行っています。また、公開講演会や見学会を行うことで社会と連携する研究所を目指しています。

生存圏研究を支える組織「生存圏フォーラム」

持続的発展が可能な生存圏を構築していくため 「生存圏科学」を幅広く振興し、研究者同士の情報交換・交流や、学生の国内外での教育・啓発活動を促進しています。(会員数約750名)コラムを始めましたのでぜひご覧ください。