1. ホーム
  2. スポーツ
  3. マリンスポーツ
  4. サーフィン、ボディボード
  5. DMC SOFT SURF HELMET V2.0 BLACK
人気の春夏 今年人気のブランド品や DMC SOFT SURF HELMET V2.0 BLACK toilettemieten.de toilettemieten.de

DMC SOFT SURF HELMET V2.0 BLACK

2465円

DMC SOFT SURF HELMET V2.0 BLACK

DMC fins SOFT SURF HELMET V2.0です。

ピークプロテクターとネックプロテクターを備えた熱成形ヘッドギアです。
ナイロンエラスタンNBRフォーム仕様。
岩場やリーフポイントでのサーフィン、ウインドサーフィン、カイトサーフィン、フォイルサーフィン、ウェイクボード、サップ、ヨット、カヤック、ラフティングなど、あらゆるウォータースポーツの頭への衝撃を緩和します。

■DMC fins
■SOFT SURF HELMET V2.0
■カラー BLACK
■サイズ XS 52cm
■サイズ S 54cm
■サイズ M 56cm
■サイズ L 58cm
■サイズ XL 60cm
■メーカー希望小売価格 9130円(税込)
■新品
■全国送料無料

尚、発送は定形外郵便のみとさせていただきます。
定形外郵便の場合は配送日時指定、代引き発送はできません。

当店は DMC fins の正規DEALERです。

プロテクター ヘルメット 頭部 保護





DMC SOFT SURF HELMET V2.0 BLACK

防鳥網 20坪用 3.6m×18m クラーク ガーデン用品 アウトレット【定形外可】 Vベルト LA77 三ツ星ベルト オレンジ 特A77PlayStation Vita ポータブルチャージャー (PCH-ZPC1 J)PCH-1000シリーズ専用KAWASAKI KAWASAKI:カワサキ カワサキWEBステッカーキットRetinaGuard iPad ブルーライト90%カット保護フィルム (iPad Pro11(2018年))OVER オーヴァー GP-PERFORMANCE フルチタン レーシングマフラー MONKEYダイハツ ハイゼット トラック PP製キャリパーカバー ブレーキカバー 汎用品エヒメ紙工 七夕用品 七夕セット 800 ETA-セ019アイカ工業 【FKJ 6115ZYN24/2枚入】 セラール CERARL メラミン不燃化粧板 壁パネル 3×8 厚さ3mm [♪△【本州のみ配送可】]メダカ 三色ヒレ長スワローめだか 未選別 稚魚SS〜Sサイズ 5匹セット 三色 錦 ひれ長 スワロー メダカ 淡水魚祝儀袋 紅つむぎR 結婚祝い10、30万円に最適 披露宴 代筆無料、期日指定・時間指定ありベビー水着 グレコ水着 男の子 ベビー 水着 UVブロック UPF50+ かわいい tn20082 (クジラ ブルー, 95)【少量販売】スタンダードカップ クリーム 76径*70 (25入)【1個】CF POSH CF POSH:シーエフポッシュ フューエルホース レッド ホース内径:Φ8mmPALHARD ステン 二枚合長蝶番 900mmサイン Y 820425 大文字 アルファベット 記号 数字 プレート 真鍮 切り文字 ブラスレター ビス止め ネット 激安 販売 通販【ap-minik04】表札 シール おしゃれ 屋外対応ミニ看板 オフィス表札 プレート 企業Piretti ピレッティ PR-SV0003 バイザー 「メール便不可」「あすつく対応」「送料無料(北海道・沖縄を除く)」EK(イーケー) 強化ノンシールチェーン 428SR スチール 102L クリップジョイント

Research Institute for Sustainable Humanosphere

循環材料創成分野
梅村 研二教授

 

宇宙圏電磁環境探査分野
栗田 怜准教授

森林圏遺伝子統御分野
棟方 涼介助教

生物機能材料分野
田中 聡一助教

2020年 着任教員紹介

京大の発明

京大先生シアター

ザッツ京大、など

京都大学ウェブサイトに生存圏研究所の教員・施設・研究が紹介されています

生存圏アジアリサーチノード(ARN)

生存圏研究所は、「生存圏アジアリサーチノード (ARN)」を整備し、国際共同研究のハブ機能を強化するとともに、生存圏科学を支え発展させる国際的な人材育成を進めています。

参加学生による活動レポートはこちら

広報活動・社会連携

刊行物やビデオで研究内容をわかりやすく発信する広報活動を行っています。また、公開講演会や見学会を行うことで社会と連携する研究所を目指しています。

生存圏研究を支える組織「生存圏フォーラム」

持続的発展が可能な生存圏を構築していくため 「生存圏科学」を幅広く振興し、研究者同士の情報交換・交流や、学生の国内外での教育・啓発活動を促進しています。(会員数約750名)コラムを始めましたのでぜひご覧ください。