1. ホーム
  2. スポーツ
  3. マリンスポーツ
  4. サーフィン、ボディボード
  5. 【KOKUA】 KK WIZARD コクア KKライン FIA サップ フィン ダウンウィンドレース レースボードサーフィン
春新作の 有名ブランド KOKUA KK WIZARD コクア KKライン FIA サップ フィン ダウンウィンドレース レースボードサーフィン toilettemieten.de toilettemieten.de

【KOKUA】 KK WIZARD コクア KKライン FIA サップ フィン ダウンウィンドレース レースボードサーフィン

12870円

【KOKUA】 KK WIZARD コクア KKライン FIA サップ フィン ダウンウィンドレース レースボードサーフィン

【KOKUA】KK Fin WIZARD


“WIZARD”(魔法使い)のように荒波の中軽々と操作を可能にする。

ロングボードのフィンからヒントを得たダウンウィンド/レースボードサーフィン専用のフィンです。

ベースは狭く、レークがある為うねりに合わせて左右への操作がしやすい!
フィンベースにはカーボン、先端にフレックス・グラスを使用したことで
俊敏にうねりに合わせるライディングが可能です!


【スペック】
サイズ:21cm
材質:FULL 3kカーボンベース+フレックス・グラス + HDフォーム・コア
付属品:フィン固定ネジ・専用バッグ


【KOKUA】 KK WIZARD コクア KKライン FIA サップ フィン ダウンウィンドレース レースボードサーフィン

風呂敷 大判 名前入り 家紋入り 綿 シャンタン無地 170cm 紫 金文字可 金家紋可 ネーム 送料無料 冠婚葬祭 記念品 大きい風呂敷 プレゼント 内祝YUEEI コスプレ メイド服 ロリータ ワンピース 半袖 可愛い 仮装 ハロウィン パーティー イベント 演出服 蝶結ぶ カチューシャ ニーハイソッ【メール便可】SK11 ビットホルダー シルバー SBH-SV 4977292140348 [大工道具 収納用品 ツールフック]TAVARUA(タバルア) ウォーム サーフキャップ TM1010 (BLACK) TM1010 FREE(59cm)TRUSCO プレート式双輪キャスター エラストマ-車輪 自在 Φ100 ブラック TPWE-100BKモデルS 75 後期型 エンハンストオートパイロットMOTOLED(モトレッド) エッジホルダーキット レッドレンズ CRF250L MD38 D45-18-707簡易担架救い帯 380091 サイズ:W1040×L970mmお花プリント スリーインワンセット コルセットオーシャンサンド 20kg(5kg×4袋) 海水水槽用底砂 お一人様1点限りヤマヒロ ビスコン FV445FS サラ 三価シルバー サラ頭4x45mm 1箱100本(プラグのいらないコンクリート用ねじ)物置 グリーンライフ アルミベンチストッカー90(南京錠取付可能仕様) ABS-90N ベランダ 屋外収納 スチール ※お客様組立品 送料無料マーテック チェーンスリング 使用荷重3.2t 一本吊りセット MG1-OKE10チューブレスバルブ 2個セット 内締めL字型 ステンレス MAD MAX(マッドマックス)RED LINE (レッドライン) SI-1 COMPLETE FUEL SYSTEM CLEANER 15oz (443ml) (並行輸入カバー バッグ 防水 撥水 雨よけ おしゃれ 可愛い ドット 雨の日バッグカバー青木刃物 堺孝行 改良霞研 舟行出刃 16.5cm 07092(名入れ無料)(送料無料、代引OK)ルコック スポルティフ(Lecoq Sportif) ゴルファーズキャップ QGCSJC00W NV00 (レディース)GPD XP ゲームコンソール Android11.0 6.81インチタッチIPSスクリーン ゲームパッドモジュール化取り外し可 アクティブ冷却機能

Research Institute for Sustainable Humanosphere

循環材料創成分野
梅村 研二教授

 

宇宙圏電磁環境探査分野
栗田 怜准教授

森林圏遺伝子統御分野
棟方 涼介助教

生物機能材料分野
田中 聡一助教

2020年 着任教員紹介

京大の発明

京大先生シアター

ザッツ京大、など

京都大学ウェブサイトに生存圏研究所の教員・施設・研究が紹介されています

生存圏アジアリサーチノード(ARN)

生存圏研究所は、「生存圏アジアリサーチノード (ARN)」を整備し、国際共同研究のハブ機能を強化するとともに、生存圏科学を支え発展させる国際的な人材育成を進めています。

参加学生による活動レポートはこちら

広報活動・社会連携

刊行物やビデオで研究内容をわかりやすく発信する広報活動を行っています。また、公開講演会や見学会を行うことで社会と連携する研究所を目指しています。

生存圏研究を支える組織「生存圏フォーラム」

持続的発展が可能な生存圏を構築していくため 「生存圏科学」を幅広く振興し、研究者同士の情報交換・交流や、学生の国内外での教育・啓発活動を促進しています。(会員数約750名)コラムを始めましたのでぜひご覧ください。